第302回巡検「石神井川下流部 王子地域」のご案内


実施要項


 江戸時代の飛鳥山は江戸近郊の行楽地として知られ、桜の名所「飛鳥山」、夏の風物詩「王子の七滝」、紅葉の「音無川」などとして賑わった。明治になると、石神井川、千川用水の水資源、荒川(隅田川)の舟運を利用して、明治3年に鹿島万平が民間では日本初の紡績工場建設に着手し、同5年には操業を開始する。また、明治6年には渋沢栄一らの手により抄紙会社が創設されて同8年から操業を開始し、翌9年からはその隣接地に大蔵省紙幣寮抄紙局も操業を開始した。その関係から製紙工程で使う苛性ソーダ・硫酸・さらし粉製造など各種薬品類製造工場や煉瓦製造工場が進出する。一方では、火薬・鉄砲・火工品製造などの軍需工場も数多く建設され、金属製品、機械部品などの工場が集積した。 このように王子地域は明治期から日本の近代工業発祥の地として、時代の変化に対応しながら20世紀の我が国産業革命を牽引してきた地域のひとつであるといえよう。今回巡検の観察ポイントを下記の4点としました。

  Ⅰ. 御殿山周辺の特殊産業指導機関と飛鳥山公園
  Ⅱ. 石神井川下流部王子における抄紙業とその関連工業の発展
  Ⅲ. 石神井川下流部の河川改修
  Ⅳ. 戦前の北区(一部板橋区を含む)における軍事施設の状況

  飛鳥山公園には隣接して「渋澤史料館」「北区飛鳥山博物館」「紙の博物館」の三つの博物館があります。約30分間の見学時間を予定しましたので短時間ですが三館の内からどれか一館を選んで見学してください。なお、渋澤庭園の青淵文庫・晩香廬の内部見学には「渋澤史料館」の入館券が必要です。

 ※国立印刷局東京工場の見学公開は火曜日と木曜日のみです。また、王子工場は見学を公開していないためいずれも入場見学はできません。
 案内申し上げます。

        実施要項及び申込書はこちらから
          ダウンロード下さい。

 

期日


 2018(平成30)年5月27日(日) 徒歩巡検 

集合場所・時間


 JR京浜東北線 上中里改札口 午前9時30分

解散場所・時間


 JR海浜東北線 王子駅改札口 午後4時00分(予定)

案内者


 瀧山 宏明 先生 (元学習院中等科)

コース概要(予定)


 JR京浜東北線「上中里駅」 → 平塚神社 → 滝野川公園 → 国立印刷局東京工場
 → 西ヶ原一里塚 → 飛鳥山公園(博物館見学時間は30分間の予定) → 飛鳥山の碑
・桜賦の碑 → JR王子駅南口 → 洋紙発祥之地碑 → 国立印刷局王子工場 → お札
と切手の博物館(入館予定) → 北とぴあ展望室 → (昼食は北とぴあ、王子駅周辺で)
 → 王子神社 → 王子稲荷神社 → 名主の滝公園 → 陸上自衛隊十条駐屯地 → 
北区中央図書館(赤レンガ図書館) → 北区中央公園・文化センター → 音無もみじ緑地
 → 金剛寺 → 音無さくら緑地・緑の吊り橋 → 正受院 → 旧醸造試験場第一工場 
 → 音無橋 → 音無親水公園 → JR京浜東北線「王子駅」

       (当日の天候・行程の進行状況によっては変更があります。《歩行距離:約6㎞》)

参加費用


 500円(巡検資料作成費として) 参加費用は当日集めます。

  (別途、飛鳥山での博物館入館には各館300円が必要となります。)

参加申し込み


  5月17日(木)までに、下記まで申込書を郵送・FAXでお送り下さい。
  申込確認後、参加費を下記銀行口座へお振込み下さい。(手数料は各自負担)

 「申込先」

  〒358-0011 埼玉県入間市下藤沢586-16
    東京私立中学高等学校地理教育研究会(私地研) 会長 横山 満 宛
   TEL/FAX:04-2964-0969  携帯(横山):090-7018-5493
   Eメール(横山):m61.yokoyama@gmail.com

第25回海外巡検「アモイ・泉州と≪客家土楼≫を訪ねる旅」のご案内


実施要項


 平成30年度の夏期巡検は、下記の要領で、隔年ごとの海外巡検として中国・福建省を訪ねます。  コースは、アモイ(厦門)~泉州~崇武~華安~永定~南靖~漳州~コロンス島~アモイと福建省の南東地域を巡ります。アモイは福建省の中心都市のひとつ、唐代以来の歴史を持つ港湾都市として栄え、1980年に経済特区に指定されて大きな経済的発展を遂げている。泉州は「海のシルクロード」の起点として知られる港湾都市で、現在も福建省の経済的中心のひとつとなっている。泉州の東約43kmの崇武鎮に明代に建設された崇武古城風景区がある。今回の最大のポイントは「客家」を訪ねることにある。もともと中国・中原に居住したが、戦乱等を逃れて福建省・広東省等に集団移住してきた人々である。その家系からは数多くの傑出した人物を輩出し、海外居住者も多いが、客家として強いネットワークで結ばれている。客家の多くは、防御等の理由から「土楼」という堅牢な集合住宅に居住した。土楼は囲屋・五鳳楼・方楼・円楼等と多様であるが、最も知られるのは「円楼」で、大規模な円楼では数百人が共同生活をした。「華安~永定~南靖」地域に集中しており、土楼にも2泊して多くの土楼を巡ります。そして、漳州の旧市街地区も訪ね、南京条約後の共同租界地であったコロンス島も訪ね、アモイに戻る5泊6日の旅です。  中国の地理・歴史・政治・経済的な特質や動向を把握する上で、また、中国・日本も含めた東アジア・東南アジア社会の動向や相互関係等の考察・理解を深める上でも有意義な巡検だと考えています。 校務多忙の時期ですが、皆さまお誘いあわせの上、ご参加下さいますようご案内申し上げます。

      
申込書はこちらからダウンロード下さい。
 

期日


 2018(平成30)年8月4日(土)~9日(木) <5泊6日> 

集合場所・時間


 成田空港 第1ターミナル 南ウイング 12:55

解散場所・時間


 成田空港 13:45着予定

案内者


 横山 満 先生 (元東星学園中学高等学校)

コース概要(予定)


8月4日(土):

 成田空港 ⇒ 《アモイ航空816便・所要4:15》 ⇒アモイ空港 ⇒ 泉州 ⇒(宿泊)

8月5日(日):

 ホテル発 ⇒ 泉州(清浄寺・海外交通史博物館・開元寺)⇒ 崇武古城 ⇒ 漁港(車窓)
  ⇒ 華安(二宣楼・東陽楼・南陽楼)⇒ 華安・五鳳楼(宿泊) 8月6日(月):五鳳楼 ⇒
  永定(湖坑鎮、洪坑村永定土楼民俗村
⇒ 承啓楼 ⇒ 初渓村土楼群 ⇒ 下洋鎮土楼群
 ⇒ 洪坑村・振成楼(宿泊)

8月7日(火):

 振成楼 ⇒ 南靖(田螺坑村土楼群・塔下村土楼群) ⇒ 漳州市街(旧市街地区) ⇒
 アモイ(海滄大橋・海上明珠観光塔・製茶工場) ⇒ (宿泊)

8月8日(水):

 ホテル発 ⇒ 《船便》 ⇒ コロンス島(旧租界地・日光岩・日光岩寺・漁港等) ⇒ 《船便》
⇒ アモイ(南普陀寺・華僑博物院・少年宮等) ⇒ (宿泊)

8月9日(木):

 ホテル発 ⇒ アモイ空港 ⇒ 《アモイ航空815便・所要4:45 》⇒ 成田空港

 ※各日の詳細な時程・コース・見学地等は、後日参加者にパンフレット・資料でお知らせ
   します。
 ※今後の現地事情、天候等により、コース・見学地を変更する場合があります。

交通機関・旅行業者


 往復アモイ航空・現地専用バス

 毎日新聞旅行

参加費用(1人)


 6~9名=218,000円
 10~14名=173,000円
 15~19名=159,000円

 ※全行程3食付きです。(含.機内食、4日朝・9日夕は食事なし
 ※その他諸費用は別途お知らせします。他に私地研資料代1,000円が必要です。

参加申し込み


  6月26日(火)までに、下記まで申込書を郵送・FAXでお送り下さい。
  (下記申込書の内容明記の場合、Eメールでの申し込みも可能です)

 ※その後、旅行社の申込書に必要事項を記載して毎日新聞旅行に送付して下さい。

 「申込先」

  〒358-0011 埼玉県入間市下藤沢586-16
    東京私立中学高等学校地理教育研究会(私地研) 会長 横山 満 宛
   TEL/FAX:04-2964-0969  携帯(横山):090-7018-5493
   Eメール(横山):m61.yokoyama@gmail.com

今後の巡検予定


回数 巡検名(仮) 実施日(予定) 案 内 者
 


 ※巡検内容は変更になる可能性があります。

過去の巡検

過去に実施した巡検については、こちらをご覧下さい。

回数 巡   検   名 実 施 日 案 内 者 参加人数
301 奈良・飛鳥地方 2018.03.28~03.31  下山英則
(芝浦工業大学附属中高)
 
300 上野周辺 2018.01.08 木村昌一
(女子学院)
 
299 新潟県-中越地方- 2017.12.25~12.28 横山 満
(元東星学園)
 
298 筑波山周辺地域  2017.10.29 森 秀雄
(元高輪学園)
 
297 諏訪盆地から山梨へ
 -絹と水、そして硯を尋ねて-
2017.08.03~08.06  柏倉康成
(女子聖学院)
 
296 新緑の那須疎水を巡る 2017.06.18  横山 満
(元東星学園) 
 
295 真田一族ゆかりの地を訪ねる 2017.03.27~03.29  庄田正宏
(元巣鴨学園)
294 築地市場周辺 2017.01.09 柏倉康成
(女子聖学院) 
18
293 新潟県-下越地方- 2016.12.25~12.27  横山 満
(元東星学園)
292 靖国神社と江戸城を歩く 2016.11.20  寺尾隆雄
(大妻中高)
23 
291 新緑の野川源流部のハケ下湧水と武蔵国分寺跡を訪ねる  2016.05.29 瀧山宏明
(元学習院)
24 
290 富士山麓世界遺産と岳南地域 2016.03.25~03.27  横山 満
(東星学園)
 
289 浅草界隈 2016.01.11 木村昌一
(女子学院)
22
288 阿賀野川流域  2015.12.25~12.28 横山 満
(東星学園)
旗野秀人
(新潟水俣病安田患者の会事務局長)
13
287 取手駅周辺を訪ねる  2015.11.01 多田智實
(元攻玉社学園)
14
286 東北・北上盆地南部と津軽地方  2015.08.04~08.08 柏倉康成
(女子聖学院)
寺尾隆雄
(大妻中高)
16
285 環状2号線-築地から豊洲-  2015.05.31 柏倉康成
(女子聖学院)
16
284 静岡県西部 2015.03.25~03.28  横山 満
(東星学園)
 
283 虎の門界隈  2015.01.12 山田喜一
(文京学院大学)
横山 満
(東星学園)
 
282 能登半島  2014.12.25
~12.28
横山 満
(東星学園)
 
281 新大久保界隈  2014.11.16 柏倉康成
(女子聖学院)
 
280 東村山周辺の史跡と八国山緑道を訪ねる  2014.06.01 瀧山宏明
(元学習院)
 
279 福島県・茨城県の東日本大震災被災地域  2014.03.25
~03.29
横山 満
(東星学園)
 12
278 スカイツリー周辺  2014.01.12 五月女圭三
(渋谷教育学園幕張) 
 12
277 丹後地方  2013.12.25
~12.28
横山 満
(東星学園)
 13
276 紀尾井坂周辺  2013.11.03 寺尾隆雄
(大妻中高) 
 29
275 東北地方・日本海側  2013.08.07
~08.11
柏倉康成
(女子聖学院)
寺尾隆雄
(大妻中高)
 15
274 大塚・巣鴨・駒込の旧跡を訪ねる  2013.06.09 庄田正宏
(巣鴨学園) 
 12


フォトギャラリー


只今、準備中。

inserted by FC2 system inserted by FC2 system